ソープランドの大衆店(格安店)とは?

ソープランドの大衆店(格安店)とは?ソープ嬢の働き方

接客時間は45分〜70分程度と短く、お客さんの支払う総額が20,000円〜30,000円前後です。

 

料金的に安いので、ソープ嬢の容姿が劣っていたり年齢が高めだったりします。ですが、お店によってはファッションヘルス並みに高い回転率のために、稼ぎを重視した若い子が付く場合もあります。しかし、格安店で若いソープ嬢が付いた場合はソープならではの技などは堪能できません。また、不況により高級店では指名が取りにくくなり、収入が逆に減ったソープ嬢が薄利多売という事で、大衆店(格安店)に移ってくる事もあります。

 

大衆店の代表的な店舗グループとしては、角海老グループが最大手で関東一円に30店舗ほどあります。そこでは、とても女性に対しての衛生面での管理、アリバイ対策や女性への配慮もしっかりしていて、大衆店だからと言って働く女性が居心地の悪い所とは限りません。

 

中には素人専門を売りにした大衆店もあり、人妻や短期のバイトの学生など様々な理由で働く素人の女性を雇っている店舗もあって、そういったお店は店舗に行かないと基本的には全員の女性の顔などは見れない仕組みになっています。

 

高級店や中級店では、顔出ししている女性も多く、薄いボカシなどを入れてネットや雑誌などで露出しています。

 

お仕事の内容としましては、お客さんの支払う価格も安いことと比例して、時間も短いことから一緒にシャワーを浴びてたいていは一回のみの本番のみが多いです。中にはお客さんによって2回出来るお客さんはします。もちろん、即尺・即ベッドなどのサービスの仕事内容は、大衆店にはほとんどないですが、基本的な恋人感覚のキスやフェラチオなどの行為をして本番をします。また、大衆店のほとんどはスキン着用となります。

 

ソープの求人サイト人気ランキングこちら