ソープランドの高級店

ソープランドの高級店とは?ソープ嬢の働き方

高級店と呼ばれるソープランド店舗の外観、内装が、まるで高級クラブかと思わせる雰囲気で、ソープ嬢もモデルかと思わせる美貌・スタイルの女性がいます。そのためお客さんが支払う金額も高く、総額で60,000円〜100,000円ほどになります。

 

有名な芸能人やスポーツ選手などは高級店に行く場合が多く、その場合、ソープ嬢は絶対に他のお客さんに相手をした著名なお客さんの名前などのプライバシーは絶対に言わない決まりがあります。

 

技術的にベテランと言われる女性も多く在籍しており、また言葉遣いから礼儀も含め技もあり、容姿端麗な女性が多いです。ただ、言葉遣いや接客技術にも一定の水準が定められてるので若い女性という理由だけでは勤まらない事もあり、必ずしも若いソープ嬢だけとは限りません。しかし、ソープならではの技術をお客さんに与えなければならないため、接客時間もたいてい120分〜180分もあります。

 

お仕事の内容で高級店の特徴の一つとしてはやはり、ソープ嬢がお客さんの洋服を脱がせ、すぐにフェラチオを行います。いわゆる「即尺」です。即尺の次は「即ベッド」といわれるもので、すぐに本番を行います。この二連のサービスを「即即サービス」とか、「即尺・即ベッド」などと言い、店の売り言葉になっていることが多いです。

 

店やソープ嬢によっては、高級店の多くはお客さんのアナル舐めもあります。またコンドームを使わないことが最近では高級店の証となっている場合もありますが、お客さんが病気などを心配してスキンを付けて欲しいと言われた場合には、女性はスキンを付けての本番行為を行います。よって、女性はいわいる生で本番を行うわけですからリスクも負います。そのリスクの分が、お給料が高い証ともなるわけですが、お店側も女性にきちんと配慮して、定期的(最低1ヶ月に一回)に性病などの検査を行わせております。(基本ソープ嬢の自腹) もちろん、避妊のためのピルも飲んでおります。(ピルを飲むことも、女性ホルモンのバランスが崩れたり、太る原因にもなるため、女性への体への負担も大きいと言えます)

 

本番行為の回数としての目安は、即ベッドで1回、マットで1回、さらにベッドで1回と3回の本番が可能です。もちろん、お客さんが1回しか出来なくて、お話し好きだったり、耳かきをしたり、髪の毛を洗ってあげたりなど、お客さんの要望によって女性が出来る範囲のことをしてあげることで回数はまちまちです。ただ、三回出来るということで喜んで来るお客さんが多いのも、それだけお客さんが支払う金額も高い訳ですから当然かもしれません。

 

一通りサービスが終わったお客さんは待合室とは別の「上がり部屋」に通されます。上がり部屋は、ほとんどの高級店にあり待合室から個室へ向かう他の客との鉢合わせを避ける為にあります。

 

ソープの求人サイト人気ランキングこちら